更年期の頭痛の原因と予防や対策のコツ

女性は40歳を過ぎると、卵巣機能が低下し、女性ホルモンのエストロゲンが減少します。

平均的な閉経時期は50歳と言われています。

前後10年間はホルモンバランスが崩れて中枢神経に影響し、自律神経失調症などさまざまな症状がでてきます。

主として、エストロゲン欠乏によるものですが、症状として

性器症状(膣、外陰部の萎縮、乾燥、老人性膣炎、乳房萎縮)

自律神経失調症(のぼせ、ほてり、発汗など)

消化器症状(悪心、嘔吐、頭痛、便秘など)などがあります。

エストロゲンの減少により、ネガティブフィードバックが起こり、ゴナドトロピン放出ホルモン、黄体形成ホルモン、卵胞刺激ホルモンは増加します。

しかし、エストロゲンを分泌する卵胞がないためエストロゲンの分泌は増えることなく、減少が進むことになります。

また、最近では男性にもホルモンバランスの崩れから神経症状がでてきています。

そもそも頭痛は、片頭痛と緊張型頭痛にわけられます。

片頭痛は、脳の血管が急激に拡張するものです。

一方、緊張型頭痛は、肩や首などの筋肉が緊張することにより起こる頭痛です。

更年期症状に見られる頭痛は、肩頭痛のほうです。

片頭痛は、寝すぎ、寝不足、ホルモンバランスの乱れによって起こります。

また、光や強い音の刺激によっても起こります。

頭痛は、生活活動に大きく支障をきたし、吐き気などの症状が出る場合があり、放っておくと命の危険にもかかわってきますので十分、気をつけなければなりません。

更年期症状でみられる頭痛にはホルモンバランスの乱れが原因ですが、その対策としては、、、

ホルモンの分泌を促す必要があります。

ホルモンの分泌を促すのに最適な食べ物として、今、黒ごまが注目されています。

黒ごまに含まれる成分に、たんぱく質の原料であるアミノ酸があります。

アミノ酸は、卵巣に女性ホルモンを促す命令を出す際の伝達物質となるホルモンの原料なのです。

また大豆イソフラボンには、エストロゲンと似たような働きをする物質が含まれているため積極的に摂取することをお勧めします。

大豆イソフラボンは、主に納豆、豆腐、豆乳、きな粉に多く含まれています。

逆に控えた方が良い食べ物は、チョコレート、ハム、赤ワインです。

これらの食べ物は、頭痛を誘発してしまうと言われています。

また、食事以外だとお灸や首や肩などのマッサージやヨガなどが効果的です。

血行をよくし、強い光(スマートフォンやテレビ、パソコン)などを控え適度な運動を心がけましょう。

◆いろいろ注意しても、頭痛が改善しない!と悩むときは、ずきしらずの実を飲むといいです。
ずきしらずの実の気になる効果と口コミ
偏頭痛や頭痛を改善するハーブエキスのフィーバーフューなどを含む頭痛改善に導くサプリメントだからです。

更年期障害に伴う頭痛解消にも役立つ!と口コミ評価も高いサプリです。

ずきしらずの実を飲むと痛みが和らいで落ち着きますよ。

公式サイト↓
ずきしらずの実

ug