更年期障害と自律神経失調症の違いとそれぞれの改善法は?

女性にとって、とても気になるほてりや発汗。

40代から50代にかけては更年期によく起こる症状です。

そしてこの更年期障害の諸症状と似た症状を発症するのが自律神経失調症です。

今日は更年期障害と自律神経失調症の違いについてと、それぞれの改善策を紹介していきます。

まず1番大きな違いは、自律神経失調症は年齢関係なく起こるのに対して、更年期障害は先ほどご紹介したように40代から50代にかけての閉経付近に起こりやすいということです。

2つのメカニズムを見てみると、更年期障害は女性ホルモンが著しく低下することにより引き起こされます。

一方自律神経失調症は、自律神経である交感神経と副交感神経のバランスが乱れることで引き起こされます。

更年期障害のきっかけが「閉経」なのに対して、自律神経失調症はこれといったきっかけがありません。

生活習慣の乱れ、ストレスにより引き起こされている可能性はとても高いのですが、自律神経の失調原因を特定するのは非常に困難です。

次に改善策についてです。

更年期障害は女性ホルモンのバランスを整えることと、体内の血液の巡りを改善してあげることで症状が緩和される場合があります。

自律神経失調症は、バランスのとれた食事と規則正しい生活習慣を心がけることが大切です。

そして、この2つに同時に効果的だと言われているのが、白井田七です。

白井田七は、高麗人参や朝鮮人参よりも効果が高いと言われている田七人参を採用しており、豊富に含まれているサポニンの効果により血の巡りを良くして、体のバランスを整えてくれます。

ぜひ試してみてください。

u