更年期障害症状の多汗の原因と対処法

更年期になって、更年期障害の症状として悩まされるものにた多汗症があります。

多汗症になると、周りからみてどうしてこんなところでそんなに汗だくなのだろうかと思われるほど汗をかくこともあります。

更年期の場合主にホットフラッシュという症状が引き起こされている可能性があり、更年期独特の症状ともいえます。

そんな多汗症について、原因と対処帆を知って少しでも悩みを解決できるようにしましょう。

ーホットフラッシュが原因ー

女性特有の更年期症状として、ホットフラッシュによる多汗症が起こります。

原因は女性ホルモンの減少によって、ストレスなどの外的刺激に敏感になってしまうためです。

特に激しい運動をしたわけでもないのに、急に大量の汗をかいたりなど突然汗をかくのが特徴ですが、実際にはストレスや何等かの要因があると考えられます。

また、ホットフラッシュの症状として急にほてったように体が熱くなるということをよく聞きますが、それと同時に冷えに悩まされることもあります。

そのため、女性の多くは冷えと多汗症という一見相反する症状に悩まされているのです。

ー更年期障害が原因の多汗症の対処法ー

以上の原因を踏まえて、対処法についてご紹介していきます。

一番最初にお勧めしたいのが、漢方です。

柴胡桂枝乾姜湯(さいこけいしかんきょうとう)
という漢方があり、この漢方は急に汗が多量に出てきたり貧血などの症状に効果があり、ホルモンバランスの乱れなどの改善にも効果があります。

余談ですが、漢方薬が効果がないという方が多くいらっしゃるのでご紹介したいと思います。

医薬品には大きく分けて、西洋学と東洋学の2種類があります。

東洋学とは漢方などのことを指し、一方の西洋学は病院でもらう感冒薬などの薬です。

漢方薬は、原因の根本を体内の機能を使って改善する手助けをするものが多く、一方の西洋学の薬は発症している症状を直接的に改善しようとするものです。

これら2つの大きな違いは、漢方薬は改善したい症状の数だけ効果があるものをいくつも足して作るものに対して、西洋学の薬は様々な強い効果を持った薬から危険な物質を取り除いて作るものということです。

このように知ると、漢方薬は自己免疫を活用して様々な症状を緩和していく手助けをしてもらえるものなので、今回のような症状にはピッタリということが分かっていただけるかと思います。

それでは、漢方以外にも重要なことは汗腺をしっかりと活動させることです。

お風呂に浸かったり、軽い運動適度に行うことで汗腺を常に活動させ正常な状態に保ちます。

汗腺を正常に保つことで、多汗症などの症状を緩和することができるのです。

ーまとめー

更年期によって引き起こされる多汗症は、多くの人が悩まされています。

その多汗症の原因がホットフラッシュの可能性が高く、多汗症の一方で冷えに悩まされている人も少なくありません。

これらの症状の緩和には漢方薬が効果的ということも考慮したうえで、日常生活でもできる改善策をしっかりと実践することが大切なのです。

◆そうは言っても漢方薬は苦手だから、もっと手軽に飲めるサプリで多汗症を解消したいと思う方は、Asecarat(アセカラット)を飲んでみてください。
Asecarat(アセカラット)の口コミ!多汗症改善効果は本当?
更年期のホットフラッシュの汗だけでなく、通常の汗が吹き出るのも、体の中から汗をかきにくくしてくれるからです。

緊張からの汗もでにくくするリラックス成分も含みます。

メイク崩れも防いで顔汗、首汗、手汗、足汗、脇汗、更年期のホットフラッシュの汗など汗の悩みを解消!と口コミでも評判です。

何をしても汗が吹き出て困っていた方が、爽やかに過ごせる!と評価が高く人気なのがAsecarat(アセカラット)です。

公式サイト↓
あせしらず

ug