更年期障害で頭痛とイライラがヒドイ!どうすればいい?

近年更年期障害で悩まされている方が増えてきています。

更年期障害では主にイライラやめまい吐き気、頭痛といろいろな症状があります。

そのなかではイライラと頭痛は代表的な症状でもあり更年期障害の悩みだと思います。

そんな更年期障害での頭痛とイライラの原因や対処法を紹介したいと思います。

『更年期の頭痛、イライラの原因』

更年期障害での頭痛やイライラの原因は主に女性ホルモンが原因と言われています。

女性ホルモンの分泌が低下し自立神経が乱れることでイライラや頭痛を引き起こしてると思われます。

まずイライラは「セロトニン」が不足した際に起こる感情です。

頭痛の原因は 「エストロゲン」という女性ホルモンが減少しホルモンバランスが崩れそれと同時に自律神経が乱れることで脳への血液供給が不安定になることが原因と言われています。

エストロゲンが低下することによってセロトニン機能の低下がおこるので、更年期障害でイライラが起きると頭痛も起き、逆に頭痛が起きるとイライラの感情が出るということです。

エストロゲンが低下する原因としては、女性の閉経時期に卵巣機能の低下が代表的な原因ですね。

エストロゲンの分泌量が低下していくことで感情のコントロールも難しくなり、イライラにつながっていきます。

なので、男性よりも女性の方が更年期障害になりやすいと言われています。

その他に原因と思われることは、だいたい更年期障害は40代から50代に多く、ちょうどそのころに介護をしている方のストレスや子離れしたことで親としての役目がなくなりなんだかうつ状態になるなどの原因もあるそうです。

そして更年期障害の症状はいろいろあり自分でも気づかない方も多く、「わたし更年期かも?」と悩むこともストレスになり更年期障害を悪化させる原因ですね。

そんな更年期障害でのイライラや頭痛の対処法を調べてみました。

『更年期での頭痛の対処法は?』

まずは頭痛の対処法ですが、頭痛は血液の供給が原因なので、とにかく筋肉を動かし、体全体の筋肉をほぐすことによって血液の流れを良くすることがいいと言われています。

目の疲れは方が凝ったり同じ姿勢は血液循環が悪くなる原因なのでなるべく避けて体を動かすようにしてください。

筋肉の緊張は足腰からくる冷えも原因ですので、温かいお風呂で筋肉をほぐしてあげるのもいいと思います。

それでも収まらずヒドイ頭痛に悩まされる場合は病院に受診することをおすすめします。

『更年期でのイライラの対処法は?』

更年期でのイライラの対処法は主にリラックスし心を落ち着かせることが一番だと言われています。

最近ではイライラを抑える効果のあるアロマなども多くの種類がありますのでアロマを活用するのもいいですね。

セロトニンは朝日を浴びることで分泌が活発になると言われているので朝日を浴びながら運動をしたり軽いウォーキングもいいですね。

他にもカルシウムが不足しているとイライラしやすいと言われていますので、サプリメントなどでカルシウムやビタミンCを摂取することもおすすめします。

こちらはあくまでも軽い症状の方の対処法なので上記の方法でも症状が落ち着かない場合は病院に受診して相談をするようにしてください。

◆いろいろ意識して改善しても、なかなか思うように更年期障害の頭痛やイライラが改善しないときは、白井田七(しらいでんしち)を飲むといいです。

普通の高麗人参の7倍のサポニンのパワーで血液をサラサラにして更年期障害の諸症状も改善!と口コミ評価も高いからです。

更年期障害の症状改善以外にも例えば、糖尿病・貧血・痛風・肝臓病・高血圧・高脂血症などで悩んでいる方に特に効果が期待できます。

u