薬用人参を使ったサプリメントで人気の商品といえば、紅麗珠と白井田七の2つですが、この2つのサプリの違いって一体何なのでしょうか。

今回は紅麗珠と白井田七の違いと選び方についてご紹介したいと思います。

まず、この2つのサプリメントの最大の違いは使用している薬用人参の違いです。

◆紅麗珠は、高麗人参を使用しており、白井田七は田七人参を使用しています。

どちらもエイジングケア、更年期症状の緩和、健康維持、滋養強壮などにおすすめの薬用人参ではあるのですが、通常なら高麗人参よりも田七人参の方が効果が優れていると言われています。

それはどうしてかというと、田七人参の方が、ジンセノサイドという薬用人参の効果効能のメインとなる物質が高麗人参よりも約7倍多く含まれているからです。

これだけを聞くと、じゃあ紅麗珠よりも白井田七の方がいいの?と思われるでしょうが、実は紅麗珠は、通常サプリに使われる高麗人参の根だけでなく実(ジンセノベリー)も使用しています。

しかも、実は根よりも約10倍も効果に優れていることが最新の研究より明らかとなっています。

従来の薬用人参サプリの7倍と10倍優れた白井田七と紅麗珠。

甲乙つけがたいですが、数値だけみると紅麗珠に軍配が上がりそうですね
紅麗珠(こうらいじゅ)の口コミ評価!更年期になぜ効果?

◆ただ、白井田七は、田七人参以外にもビタミン、ミネラルもいろいろ配合されているので、普段、食事の栄養バランスに自信がない人には紅麗珠よりもおすすめかもしれません。
白井田七の口コミ評価!更年期障害改善効果とその理由

◆一方、紅麗珠は、そういった添加されいる栄養素はほとんどないので、純粋に薬用人参の優れた効果を試したい、他の人参サプリより濃度の濃いものが良いという方におすすめです。

いかがでしたか。

ぜひ選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

白井田七公式サイト↓
更年期