白井田七で更年期の吐き気や食欲不振も解消できる?

更年期によく見られる吐き気や食欲不振。

この症状のせいでダイエットをしているわけでもないのに体重が減少してしまう方も少なくありません。

10代や20代の若い頃は体重が急激に減少しても体力で賄うことができますが、40代50代と体力が衰えてきた時期に体重が急激に減少する事は好ましくありません。

なぜ更年期に吐き気や食欲不振が現れるのかと言うと、自律神経が乱れることで引き起こされる更年期障害の1つだからです。

あなたはこのような言葉を聞いた事はありませんか?

「楽しいと食事が美味しく感じる」

実はこれは思い込みではなく、とても理屈が通っています。
食欲と自律神経の1つである副交感神経には大きな関わりがあります。
副交感神経はリラックスしている時や楽しい時により多く分泌されるため、楽しいと食事が美味しいというのは事実です。

これを見ていただくと分かるように、自律神経が乱れて副交感神経と交換神経のバランスが悪くなると食欲不振や吐き気につながるようになります。

そこで自律神経を整える効果が高いと人気を集めているのが、白井田七です。

白井田七は、田七人参で作られたサプリメントになっており、サポニン、フラボノイド、必須アミノ酸、ビタミンB群など豊富な栄養素が配合されています。

またリラックス成分として効果が高いギャバも配合されているため、副交感神経を促す効果が高い白井田七は食欲不振や吐き気に対して大変効果的です。

u