白井田七。かめと紅麗珠(こうらいじゅ)の違いと選び方

更年期障害で悩んでいる多くの女性から人気なのが、「白井田七。かめ」と、「紅麗珠」です。

この2つの商品は、どちらも更年期障害にとても効果が高い成分を配合して作られた健康補助食品となっていますが、一体どのような違いがあり、どちらの方が効果的なのでしょうか。

今日は2つの商品の主な特徴についてご紹介していきたいと思います。

「白井田七。かめ」

口コミでも多くの話題を集めている田七人参を主成分に配合しているこの商品は、サプリメントではなくドリンクタイプとなっています。

主成分となっている田七人参は、高麗人参と比較しても栄養価がとても高く、めぐり成分として注目されているサポニンや、女性にうれしいポリフェノールの一種でもあるフラボノイド。

そしてリラックス効果が高いギャバを豊富に含有していますので、更年期障害に悩む女性にも大変効果的です。

さらに、黒酢と田七人参をかめにて熟成発酵させることで栄養価を格段に上げることができるため、健康補助食品の中でも群を抜いた実感力が人気です。
白井田七。かめの口コミ!更年期障害改善効果の理由

「紅麗珠(こうらいじゅ)」

高麗人参を主成分に配合しているから高麗珠かと思ったら紅麗珠でした。

この商品の大きな特徴は高麗人参の根だけではなくジンセンベリーと呼ばれている実も配合している点です。

ジンセンベリーには、根の10倍以上の成分が含まれており、根と実のダブルパワーによりジンセノサイドの量と吸収力を高めました。

また、本来人体に吸収されにくいジンセノサイドを酵素の力で特異変化させることで吸収力が格段にアップしました。
紅麗珠(こうらいじゅ)の口コミ評価!更年期になぜ効果?

*2016/4/16追記:
紅麗珠は、WEBキャンペーンが終了しました。
代わりというか、もっと人気がある粒タイプの薬用人参は、白井田七です。

↓お得な白井田七公式サイト