生薬の当帰(トウキ)や芍薬(シャクヤク)は、更年期症状に良いの?

40代後半から50代の女性に多く見られる更年期症状。

体の突然のほてりやのぼせといった体に表れる症状だけではなく、訳もなくイライラしたり不安になって眠れなくなったりと、精神面に表れる症状もあるのでやっかいですよね。

また40代後半から50代の女性だけではなく、近年は20代から30代の女性にも若年性更年期障害という名前で上記の症状が表れています。

これらの症状は閉経してしまったことによる女性ホルモンの減少・乱れからくるのですが、楽しい毎日を送るためにもできることなら改善したいですよね。

そんなあなたにおすすめなのが生薬の当帰(トウキ)や芍薬(シャクヤク)。

なぜ生薬が更年期症状に効いてくるのか、ここで説明したいと思います。

<どうして生薬のトウキやシャクヤクが更年期症状によいの?>

生薬とは自然由来の、漢方の成分として古来から用いられており、トウキやシャクヤクは生薬の種類です。

ではどうして生薬のトウキやシャクヤクが更年期症状を和らげてくれるのでしょうか?

生薬には体質を改善してくれる効果があるのですが、そのなかでもトウキやシャクヤクは血流を良くしてくれる作用があります。

血流を良くすることは新陳代謝を良くし、体の老廃物を外へ排出してくれます。

体に老廃物が溜まっていると疲労が溜まりやすくなり、のぼせやほてりの原因となります。

そのため老廃物が排出されることによって、のぼせやほてりといった更年期症状を緩和してくれるのです。

さらに新陳代謝をよくすることによって体の余計な水分が排出されます。

体の余分な水分は一緒に老廃物を外へ出してくれるので、体の水分を調節することは更年期の症状を緩和するために重要なのです。

また、血流が良くなることによって体の冷えも改善されます。

以上のように、生薬のトウキやシャクヤクには血流をよくし、体の新陳代謝を促進してくれる作用があります。

<まとめ>

いかがでしたか?

生薬に興味を持ったそこのあなた、ぜひロスミンローヤルを試してみてください。

ロスミンローヤルにはここで紹介したトウキやシャクヤクといった生薬の成分が配合されています。

更年期障害を緩和してくれるだけではなく、美肌効果も持つのでお肌の悩みを持っている方にもおすすめです。

ロスミンローヤルにはトウキやシャクヤクだけではなく、ビタミンやアミノ酸も配合されているので健康的な生活を送りたい方はぜひ試してください。
ロスミンローヤルで更年期症状も和らぐ理由は何?

us